京都趣味登山会の紹介

京都趣味登山会は1948年3月に設立されました。創設者の初代会長が提唱した「頂きは高く、裾野はより廣く」をモットーに活動しています。 現在、会員数は300名弱です。 京都府山岳連盟に加盟している団体です。
アウトドアアクティビティが好きな、幅広い年齢層のメンバーが集まり、ハイキング、沢登り、アルパインクライミング、雪山、スキー、親睦イベントなど、1年を通して活動を行っています。毎月多数の例会を企画しており、 メンバー各自のスケジュールの都合、体力、技術などに応じて参加する例会を選べます。
また、若いメンバーが独自のアイディアを生かして活動できるように、45歳以下のメンバーで 「青年部」 を構成しています。青年部主催の例会や体験山行も多数企画しています。

京都趣味登山会の歌
1.かげろうもゆる大原野  リュックの重み背に受けて めざすは天か焼杉か 坂路に香る蓮華草
2.焼けつく様な湖南の 尾根路に汗も滴りて 彼方に聳ゆる笹間岳 ブッシュに草のむすいきれ
3.木の葉色づく愛宕山 落ち葉の小路踏みしめて 雲一つなき紺碧の 御空を渡る雁の列
4.粉雪ふぶく八雲原 スキーは進む新雪に 武奈の頂き煙りては 樹氷のかげに見えやらず
5.山は如何にけわしくも 谷は如何に深くとも なんぞ怖れん趣味登は 手をとりあいて進まなん

メロディ-はこちらからお聞きください。